お引越しの『挨拶品』

こんにちは。

先日まで完成見学会をさせて頂いていたお施主様のお家を
まもなくお引渡しさせて頂きます☆
グレーを基調としており、大人の落ち着きのあるモダンなお家です。
ペット共生住宅でキャットウォークや猫ちゃん用のドアなど、
ペットものびのびできるお家になっています。

近日中にまた新築情報を更新しますのでお楽しみに♪

0B74CFAE-42FE-459E-8432-CE5925151009.png

お引越しつながりで、
今日はお引越しの際の挨拶品について少し。

「ご近所さんに配る『挨拶品』といえばどの様なものを用意するのが良いのでしょうか?」
とご質問を頂くことがあります。

ご近所さんへの引っ越しの挨拶ギフトの価格帯は、
マナーとして500円~1,000円が相場と言われていますが、
お家を建ててずっとそこに住み続ける場合には、
今後のお付き合いの長さも考えて、
1,000円~2,000円くらいの少し価格が高めの
挨拶ギフトを選んでも良いでしょう。

お返しの必要がなく、受け取った相手が気を使わない
価格帯というのがポイントです。

では、具体的に挨拶品はどんなものにすればよいのか、
3つをご紹介します。

1.「お菓子」
お菓子は、日持ちがして、数の調整もしやすいクッキーを選ばれる方が多いです。老若男女問わず、苦手な人が少ないというのも良いですね。

2.「タオル類」と「洗剤」
タオルや洗剤は、食品と違って賞味期限を考慮する必要がなく、どんな家庭であっても使う頻度が高いという点で選ばれることが多いようです。

3.「トイレットペーパー」「ラップ」
日常生活で使う消耗品は、相手の好みに左右されないため、選ばれることが多いようです。


これからご近所付き合いをして仲良くなっていくのですが、
引っ越してきた時はまだ初対面の見知らぬ人なので、
思い出に残るような品物よりは、
日常生活のなかで
『あっても邪魔にならない』
『よく使う、あると便利』な
食べ物や消耗品類などを選ぶと良いですね☆

最近は昔ほどご近所付き合いもなくなったのかもしれませんが、
マイホームで心地よく安心して生活するためには、
ご近所とのつながりも大切になってくると思います。
ご近所への挨拶の際は、ぜひ参考にしてみてください。

cat-gfdc1cbc81_640.jpg

先週末のイベントへのご来場ありがとうございました。

こんにちは。
先週末はPanasonicリビングショールーム松山でのイベントでした!
ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。

DA420A24-C1AB-4951-B9A9-C6A6FA4492C7.jpeg

↑こんな感じで、よくある質問のパネルや、オズハウスの商品パンフレットなどを自由に見て頂けるように会場をセッティングしての相談会となりました。

今から、家を建てるとなると、やはりいろいろなお悩みがありますよね。
今の自分にとって利便性の高い土地はどこだろう?という土地探しのお悩みや、
今の収入で月々どのくらいのローン返済が可能か?という資金計画へのお悩み、
理想をできるだけカタチにするための優先順位は??というお悩み、

等々、それぞれのご家庭によって悩みはそれぞれ違いますが、
安全に、安心して、家づくりに前向きに取り組みたいという姿勢は共通していたのかなと思います。

オズハウスでは、土地探し、資金計画といった家づくりの初めの段階から、理想のデザインや素材へのこだわりまで、経験豊富な専任担当者と一緒に相談しながらお客様の理想の家づくりをご提案しています。

家づくりを安心して進めたい方はお気軽にご相談ください。

はじめましてでも気軽にやりとりができるように公式LINEの運用も始めました。
電話やメールよりお問合せしやすくするためにLINE開設しましたので、
イベント情報やお得な情報以外は、度々しつこくメッセージは送りません笑

お気軽にお友だち追加の上、チャット頂けると幸いです。
友だち追加

今週末(明日から!)11/19(土)~11/23(水・祝)に、お施主様のご厚意により完成見学会を行います。
ご興味のある方はご予約、お問合せ下さいませ。
完成見学会住所無し1.pngkannseikenngakukaiura.png

明日・明後日はPanasonicリビングショールーム松山へ!

こんにちは。
今日はいきなりイベントの最終案内です!

今から新築や注文住宅をお考えの方、
このご時世、どのローンを組むのが自分にあっているのか?
オズハウスの家ってどんな家だろうか?

などなど、
家を建てる時には、分からない事がいっぱいですよね!?

資金計画セミナー以外の時間は、無料相談や、ショールームの見学も可能です!
少しでもご興味がある方は、ぜひご予約、ご来場くださいませ♪
不安で前に進めない方が、一歩踏み出せるかもしれませんよ♪

2022年11月12日(土)・11月13日(日)10:00~17:00
資金計画セミナー<第2弾>「はじめてさんの家づくり計画」

場所はパナソニック リビングショウルーム松山です。

ご予約、お問合せなど、詳しくはこちらをご覧くださいませ。

オズハウスの公式LINEもできましたのでこちらからもお気軽にお問合せ、ご予約下さい。

友だち追加

※モニターハウスも募集中です!!
詳細についてはチラシに書いてありますが、
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

11.12.13600px.png

ご予約、ご来場、お問合せ、心よりお待ちしております♪♪

O様邸完成間近!!

こんにちは。
今日は雨ですね。
また一気に気温が下がるのでしょうか!?

さて今日は、もう間もなく完成予定のO様邸の現場の写真を少し。

グレーを基調とした約32坪の広さのお家です。
DSC_0694.jpg

正面にオシャレなアイアン階段が目立つ玄関は、
シューズボックスと階段下収納があり収納スぺースも豊富です。
F1EEEF35-E8D2-4E86-B1A9-4CEA216792A9 (1).jpeg

キッチンの下がり天井には米スギが使われ、
システムキッチンはPanasonicのラクシーナです。
93A94544-1D3B-423F-8200-15B397A5AE30 (1).jpeg

このお家の目玉『キャットウォーク』☆
ここは猫ちゃんが日向ぼっこをする場所です。
B91781DA-E366-42AF-AE7B-FBD54CD2CFB7 (1).jpeg

このお家はお施主様も猫ちゃんも暮らしやすい『ペット共生住宅』です。
ただいま内装工事中で、11月の中旬までには完成予定です。

お施主様のご厚意により、
このお家の完成見学会も予定させて頂いております!

『大人な雰囲気のペット共生住宅』
の完成をご覧になりたい方はぜひ現地へお越しくださいませ。
詳細はまた後日お知らせする予定ですので、
もうしばらくお待ちくださいませ♪♪

公式LINEが出来ました!

こんにちは。
オズハウス/建築工房OZ.の公式LINEアカウントを作りました。
出来立てホヤホヤなので、まだ何も投稿できていませんが(^^;)

今後イベント情報や新築・リフォームに関する情報等、お知らせしていきたいと思いますので、
下記QRコードより【LINE友だち追加】して頂けると幸いです。オズハウス建築工房OZ.LINEQRコード.png

そして、来月12、13日にはPanasonicリビングショールーム松山にてイベントを開催します☆

BOOST.png

詳細はまた後日お知らせいたしますが、
少しでもご興味がある方はお気軽にお問合せ下さいませ。

LINEからもご予約可能ですので、ぜひ♪

耐震等級について

こんにちは。
季節の移り変わりが急ですので、
皆様、体調には気を付けられてください。

さて、、、
話の切り替えも急ですが笑

以前地震に関するブログで、
【耐震】・【免震】・【制震】の3つの地震対策の技術について書いたことがあります。
その中でも「耐震等級」について今日は書きます。

家を建てようと考えている方は、よくこの言葉は耳にしているかと思います。
これは地震への強さを表す数値で、1~3で表しています。
ここまではご存知の方も多いのですが、
耐震等級1~3とは、どのような水準なのか、皆様ご存じでしょうか?

家づくりに関する決まりでは、

耐震等級1・・・建築基準法(法律)と同等
耐震等級2・・・等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる
耐震等級3・・・等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる

となっています。

これだけ見るとなんだか難しく感じるかもしれません(^^;)
地震の1.25倍に耐えれるといわれても、
どれくらいの強さで迫力なのかがわかりづらいですね。

この耐震等級1というのは、
震度6強~7レベルの、数百年に1回発生する地震で倒壊・崩壊せず、
震度5強レベルの、数十年に一度発生する地震に対しては、損傷もしない水準です。

さらに、ここで言う「数百年に一度発生する地震」とは、阪神・淡路大震災相当の地震です。

ちなみに、
耐震等級2とは、病院や学校などの避難場所になる建物の耐震水準で、
耐震等級3になると、消防署や警察署といった防災拠点となる建物の耐震水準になります。

お問合せされる方の中には、
「耐震等級1だと、全然地震に耐えられないのではないか」
と不安に思われる方もいらっしゃいますが、
実は「阪神・淡路大震災相当の地震でも倒壊しない」レベルではあるのです。

もちろん、耐震等級が上であることに越したことはありません。

オズハウスでは大切なご家族の命を守る器としての機能を果たし安心して快適に暮らして頂く為、
「長期優良住宅の認定が受けられるお家の性能」を全棟必須条件としています。

長期優良住宅の認定は耐震等級2又は3である為、耐震等級2以上を必須としており、原則、耐震等級3を基本としております。

家づくりの際に「デザイン性」や「災害への強さ」、
「予算」など、悩みや不安が多々あると思いますが、
この耐震等級についての基準も思い出してみると、
家づくりの際に役に立つのではないでしょうか。

2022-08-04 09.01.38.jpg

家族の危険は家でも守ろう!

こんにちは。
今朝早くから、日本上空をミサイルが通過したというニュースが(+_+)
どうして危険や不安を自ら作り出し、周りを巻き込むのか。。。
私には到底理解できません。。。
しかし、危険が隣り合わせであることは悲しいかな今は変わりそうにありません。
世界が落ち着き、皆の不安が少しでも収まることを祈るばかりです。

今朝の出来事以外にも、危険はいつ訪れるかわかりませんよね。

家をつくる上での危険対策の1つ、
「防犯対策」について今日は少し書きます。

特に都市部など人口の多い場所では、住宅への不法侵入や空き巣被害などが
増加していると言われています。

防犯対策は家族の命も守るべく、大切なコトではないでしょうか。
ちなみに、泥棒がお家に侵入しようとした場合、
5分以内に侵入できないと、約7割があきらめるそうです!

ということは、侵入しにくい家を作ることは、
空き巣被害の防止に役立つ!
という事ですね。

泥棒は必ずと言っていいほど下見をするそうで、そのため
「狙わせない」
「侵入させない」ためには
侵入防止4原則があります。

1.目 (人の目につく)
2.光 (明るく照らされる)
3.音 (警報音など大きな音による威嚇)
4.時間 (侵入に5分以上かかること)

以上の4点に気を付けることで、
空き巣の確率を下げることも可能です。

具体的には、侵入経路になりやすい
「死角になりそうな場所」や
「人目に付きにくい場所」をなくしてみたり、
住宅に厳重で音の出るようなセキュリティシステムをつけたりすること
などが有効な防犯手段となっています。

犯罪者が身を隠しやすい公園の近くの土地や、
死角の多い袋小路にある土地など、
家を建てる場所によっては
空き巣被害に遭いやすい環境であることもあり得ます。

土地を購入する前に
日にちや時間帯をずらしながら
何度か見学に行き、周囲の様子を
観察チェックしてみると良いかもしれませんね。

家の中で最も侵入経路として使われやすい場所は
「窓」なので、
空き巣対策として窓の防犯対策は重要です!!

サッシの枠に補助錠を付けたり、
窓ガラスを「防犯ガラス」にしたりなどが有効です。
「防犯ガラス」とは、板ガラス2枚の間に特殊なフィルムが入っていて、
万が一泥棒がガラスを割って侵入しようとしてもガラスに穴が開きにくいものです。
このため外から窓を割り、錠を解除して侵入される可能性がかなり下がります。

開放的で居心地の良い家【内観①】.jpgこのお家は窓に格子を付けて、防犯対策をしているようです。
窓にシャッターを取り付けるという方法だと、台風の時にも危険を回避できるかもしれません。

さらに、窓の配置にも気を配り、見通しが悪く、泥棒が侵入しやすい場所に
窓を設置しないようにするのはもちろん、
近くに侵入しやすくなるような足場がないか、
また侵入しやすい大きさでないかを考慮しながら設置しましょう。

「窓」に次いで「玄関」は泥棒が侵入しやすい場所です。
防犯対策としては、「ディンプルキー」という
ピッキングされにくい鍵にしたり、
さらに2つカギ穴が付いているタイプのものにすることが有効です。
2つカギをロックすることで、泥棒がピッキングしようとしても
時間がかかり、あきらめる可能性が高くなるようです。
最近ではスマホで鍵を開ける電子タイプのカギもありますね。

ほかにも、侵入者が入りにくいよう
見通しの良いフェンスを設置することも効果的です。
特に格子が細かく、縦に走っているようなものですと、
手で柵をつかみにくく、よじ登って侵入されにくくなります。

敷地内の砂利を、踏むと音が鳴る防犯砂利にすることや、
センサー式のライトを設置することも、
泥棒が侵入しづらくなるので防犯対策としておすすめです。

以上のように防犯対策をしっかり行っても、
空き巣を100%防げるとは言い切れません。
しかし、被害に遭う確率を減らせるのであれば、
対策しておく必要はあると私たちは考えます。

しかし、窓ガラスやドアのカギ、フェンスなど、
住みはじめてから変えようと思うと大がかりになってしまう設備もあります。
家を建てるときから防犯を意識して、防犯効果の高い設備を
整えておくことも大切だと思います。

今週末10/2のイベントについて

こんにちは。城口です。

秋は行楽シーズン、運動会シーズンで
週末の予定も埋まっているかもしれませんが、、、

10月2日(日)、10:00~17:00、LIXILショールーム松山にて、
『秋のリフォーム相談会』というイベントを
複数の工務店様と一緒に開催いたします!!!

今住んでいる家をフルリノベーションしたい方、
使いづらい箇所を少し使いやすく変えたい方、
等々、

お家のリフォームにご興味がある方はぜひお気軽にご来場くださいませ♪
お待ちしております。

ご予約、お問合せなど、詳しくはこちらをご覧くださいませ。

_99A4057.jpg
↑フルリノベーションしたM様邸のリビング。
 吹き抜けが開放的で、今からの季節、暖炉に火を入れるのも楽しみですね♪

古さの中にも新しい発見あり!?

こんにちは!城口です。
最近、アウトドアクッキングにハマっています☆

先日、昔の飯盒を見つけ、ひっっっさしぶりに飯盒炊爨をしてみました。
昔の記憶よりも簡単で、美味しくて、感動でした!!
↓出来上がりはこんな感じ
2EC44963-9B7C-425F-8B6C-77C5B41A2CE5.jpeg
それ以降できる日にはリピートしてます笑

火おこしという作業が必要ですが、
このひと手間もまた良し。
火って不思議な動きをするので、
見ていて飽きないし、なぜか癒されるんですね。

そして数十年前の飯盒も、きれいに手入れして保管されていたためか、
古さを感じず、古い中から新たな発見をさせてもらった感じでした。
少し前からメスティンというものが手軽に売っていて、
これもお米を炊くときに重宝しますが、
やはり、重厚感のある昔ながらの飯盒が好きです☆

秋は外遊びに最適な季節なので、ご興味があればぜひ☆
BA7080A2-17E0-4A3D-8E22-1B4E2A23CC6E.jpeg


お家の『リフォーム』も古さを活かして、新しい発見できる手法の1つだと思います☆

10月2日(日)、10:00~17:00、LIXILショールーム松山にて、
『秋のリフォーム相談会』というイベントを
複数の工務店様と一緒に開催いたしますので、

古い家を大切に使い続けたい方、
今の自分に合った使い方に変えたい方、
等々、

お家のリフォームにご興味がある方はぜひお気軽にご来場くださいませ♪
お待ちしております。

ご予約、お問合せなど、詳しくはこちらをご覧くださいませ。

家族の命を守る丈夫な家づくり

こんにちは。城口です。
昨夜~今朝にかけては台風の影響で風が強かったですが、
お家そのものやベランダや庭に置いているもの、植物たちは大丈夫でしたか??

松山市は比較的台風の災害は受けにくいところですが、
最近は各所で自然災害が多く、いつ何が起こるかわかりませんよね。

昨日子どもと台風の話をしていたらいつの間にか地震の話になり、
防災について少し話しました。
子どもも学校の授業で「南海トラフ地震は15年以内には来るらしい」と聞いてきており、真剣な顔で話していました。会話後、防災についての意識が高まり「避難訓練は真剣にしよう!!」と言っていました(^^)

という事で、今日はお家の地震対策について書きます。

新型コロナの影響により、人々の生活は変わり、今は、「おうち時間」が増えた分、家づくりの際に、ワーキングスペースの作成や、家族団らんできるリビングづくりなど、快適に過ごせるおうち作りが人気です。

しかし、おうち時間が多い中で重要なのは、快適性だけではありません。
快適に過ごすためにも、安全に暮らせる家が重要になります。

安全面では、防犯、防災が大事です!

日本は地震が非常に多い国です。
そのため地震対策は家づくりに絶対に欠かせない要素の一つです。

おうち時間が増えたことで、今後人々が多くの時間を過ごす自宅の安全性は、より重要視されるでしょう。

安全な家の条件として、『家の無事』・『生活への支障がないこと』・『家族の命が守られていること』が挙げられます。
なかでも、「家の無事」・「生活への支障がないこと」と比べ、
何より『家族の命』を守ってもらえる事が最も重要になるのではないでしょうか。

これらを守るための、地震対策には、主に3つのポイントがあります。
【耐震】・【免震】・【制震】の3つの地震対策の技術です。

【耐震】
建物が地震に耐える事を目的としており、
筋交い、耐力壁等を配置して、頑丈な建物を作り地震により建物がつぶれるのを防ぐもの。

【免震】
基礎の上などに免震装置を設置して、
地盤の揺れに、建物が影響を受けない様にするもの。

【制震】
地震を制御する目的とし
揺れを熱に変換するダンパーの設置や、
最上階に重りをつけ、振り子の原理を使い、
建物の揺れを最小限にし反対に揺れ返す事など
建物への地震の伝達を最小限に抑えるもの。

これらは【免震】で抑えた変動を、【制震】装置で減少させるなど
2つ以上の工法を併用して、地震に備える事もあります。

このように、
建物の工法を確認するのは、とても大切な事です。
今後、新築を建てていく際や、リフォームの時には、これらの知識を持ったうえで
より大切な家族の安全が守れる快適なおうち時間を目指していただければと思います。

B2704F71-CB94-4D3B-9A4C-96FE5D1296D7.jpeg

↑この間完成した、地震が起きた時のお家の強さを示す耐震等級のレベルが最も高い、「耐震等級3」のお家。