色が与える視覚から得られる効果

こんにちは。城口です。

今年は空梅雨ではないかと心配になるほど、
今週は晴れ予報。暑さ対策をお忘れなく!!


さて、今回は『色』について。

皆様は、ご自宅のレイアウトや家具の色には、こだわりがありますでしょうか?
お部屋のイメージごとに色分けされている方、
内観だけでなく外観から色のこだわりがある方、
特に色のこだわりがない方等、
様々いらっしゃるかと思います。

そんな「色」には、視覚から得られる効果、連想できるものがあり、
お部屋の色一つで住み心地、感じ方が異なってきます。

ここで、5つほど色の与える効果をご紹介いたします。

【緑】森林等の植物を連想させる緑色は、リラックス・安心感を持たせる色といわれています。部屋では、リラックスしたい方にお勧めの色となっています。

【茶】 木目や大地を連想させる茶色はアースカラーともよばれ、住宅のベースの色や家具などに多く使われている色です。自然の中でも、多く見かける色なだけあり、安心感をもたらす色といわれています。

2164_15 (1).jpg

【青】 水や空の色である青色。服装でも身に着けていると清潔感があるとよく言われます。部屋の中でも、清涼感があり、落ち着いた雰囲気で生活できる色です。

【赤】 昔から、情熱感や温かみがあるといわれる色です。気力回復や、食欲増進効果があるとも言われています。お部屋の中でも、ワンポイントで使うと綺麗にお部屋に映える色です。

0017.JPG

【黄】 風水では金運が上がるといわれ、縁起の良いとされている黄色。視覚効果としては、集中力が高まる効果や、元気の出る色ともいわれています。下のお家は、キッチンの奥が奥様のスペースに黄色のアクセントクロスが使われていて、元気と集中力がUPしそうですね!

IMGP0697.JPG

上記のように、色には様々な視覚的効果や連想させるものがあります。

クロスやカーテン、床、家具などのインテリアの色を選ぶ際、
好きな色を選ぶのももちろん気分が上がりますが、
迷った時は、部屋の用途に応じて、
色の効果を参考に選んでみるのもいいですね♪

色の効果でお部屋を作り、色の視覚的効果を体感してみてはいかがでしょうか?
今からの暑い季節、清涼感のある青を取り入れるのもよさそうですね!

モノに順位をつけると収納上手に!

こんにちは。城口です。
気温が上がって、湿気も多い日々が続いています。
なんだかスッキリしない天気ですが、
部屋だけでも片づけてみると気分がスッキリするかも!

という事で、
今回はキッチン収納について少し。

モノにはいろいろな役割や
使用するタイミングがあると思います。

キッチンにあるモノと言えば、

●日常でよく使われる調味料や菜箸などの調理道具
●たまに使うミキサーやフードプロセッサーなどの調理器具
●季節ごとによく使われる土鍋や流しそうめん機などの季節物
●缶詰やパスタなどの保存食

などなど。。。

それらをどうやって片付けるのか、、
収納の上手な方もいらっしゃれば、
苦手な方もいらっしゃるでしょう。

キッチン収納のコツを今回はお話ししたいと思います。

1203_4.jpg

まずは、皆様のキッチンにあるものを全て把握をしてみましょう。

どこに何があるのか??

収納棚の奥に、
長年使っていなくて埃をかぶっているお鍋やお皿が
あるかも知れません。

冷蔵庫の中に、
気づかないうちに同じ調味料が封を開けられて
使われているかも知れません。

そして、これらに実際に順位付けしてみましょう。
今回は3つの種類に分けてみます。

①常に使っているもの(調味料、菜箸などの調理器具など)
②毎日ではないけどけど、たまに使うモノ(ミキサーやフードプロセッサーなど)
③あまり使わず季節ごとなどによく使われるモノ(土鍋や流しそうめん機など)

大まかですが上記3つに分けたとします。

①の常に使う調理器具や調味料は、よく使う場所の近くに置くといいですね。
調味料でしたら調理スペースやコンロ付近に
調味料ラックを作ってみたり、収納棚に片付けるのであれば
1番手前など取りやすい位置に置くと使う際に取り出しやすいかと思います。

調理器具(おたま、フライ返しなど)は換気扇のふちに
磁石付きフックをつけてつるしてみたり、
コンロの下の引き出しに入れたりすると
キッチンがすっきりして見え、実際に調理する同線がきれいに保てます。

②のたまに使うモノは①の日常で使うモノの近くに
置いていても良いかも知れませんね。
ただ、日常で使うモノを取り出す際に邪魔にならないようにすると
毎日の調理もスムーズになるのかなと思います。

ただ、厄介なのが③のたまに使う季節ものの調理器具。
これは1番使わない棚の奥や端っこ、手の届きにくい上段に置いておく。
これがいいと思います。

_99A4072.jpg

このように皆様のキッチンでも、皆様の使いやすい仕様になった
収納方法をされていると思います。

収納や片付けの際に、モノの優先順位を考えてみると
より良い収納ができるのではないでしょうか。
もしよかったらこれを機に、
今キッチンにあるものに目を向けて、
整理してみるとキッチンがスッキリするかもですね!

意外と使っていない出しっぱなしのモノや、
期限切れのモノがあるかもしれませんよ( ´艸`)

これはキッチン以外でもいえる事。
ぜひ片付けの際にはモノに順位付けを!!

6月のオズハウスイベント情報♪

こんにちは。城口です。

一昨日は雨で、昨日はお天気!

今週末の私は運よく、一昨日はエミフル松前の屋内施設『トンデミ』へ、
昨日は伊予市の『えひめ森林公園』に計画通り行けました♪

昨日行ったえひめ森林公園ですが、
キャンプが出来たり、森林浴が出来たり、虫取りが出来たりと、
自然を満喫するにはいい場所です!

公園の山の中に、難易度高めのアスレチックコースがあります。
子どもはアスレチック25個、大人は山登り!
スタート~ゴールまで、だいたい2時間コース!!
私も久しぶりに汗だくになりました(^^;)

小学生前後のお子様から楽しむことができると思うので、
お天気がいい日は行ってみてください♪♪

shinnrinnkouenn.jpg
↑えひめ森林公園公式HPより

今週末は運よく予定通り週末を満喫できた私個人ですが、
これから梅雨にも入り、予定が立てづらくなってくるかもですね。

そんな時、もし新築やリフォームをお考えの方がいらっしゃいましたら、
今考えている計画を確かめたり、不安に思っていることを
家づくりのプロと話してみるというのはどうでしょう(^^)/??

6gatuchirashi1600px.png

一つでも解決することで、前に進む事ができるかもしれませんし、
何か新たに気づくこともあるかもしれません。

今回のテーマは、資金計画セミナーとなっておりますが、
担当者は設計、施工管理など全ての家づくり工程に携わっているプロですので、
何か家づくりについてのご相談がありましたら、
これを機に、遠慮なくご相談してみてはいかがでしょうか??

小さなお子様がいらっしゃっても、
今回は個別セミナーですので、その辺もお気になさらず(^^)

ご予約、お問合せなど、詳しくはこちらをご覧くださいませ。

2022年度スタートしました

皆様こんにちは!
そういえば前回登場した時のタイトルは「新年度スタート」でした。。 
・・・もう少しウィットに富んだ語彙力をつけたい、住宅アドバイザーの小澤です。

今回の年度スタートは、弊社、建築工房OZ.合同会社における決算期単位でいう新年度スタートです。
5月決算なので、5月31日が期末、6月1日が期首となります。

特別な決算キャンペーン!とか、月末なんで何とか数字が欲しい!とか、そういう短期的な結果を追う営業はしておりません。
しかし、お客様にとって弊社の都合で一点だけお願いがございます。

弊社の注文住宅新築事業であるオズハウスでは、選任担当者一人当たりが担当する年間受注棟数を予め限定させて頂いております。

そして一年前に本ブログをスタートした時に初回記事でも宣言しております通り、昨年度は6棟に限定させて頂いておりました。

この限定棟数の期間についての説明は公にできていなかった部分ですが、弊社の事業年度で区切らせて頂いております。
ですので、この6月でリセットされております。

・・・でですね。昨年度はどうだったのかと申し上げますと・・・新たに3棟お任せ頂きました。
中々リアルな数字です(^-^;
6棟に限定しておいて3棟ですので「あれっ?」と思われるかもしれませんが、私としましては上々の結果だと思っております。
決して強がりではありません(笑)

3棟の内、1棟は現在建築中でして、2棟は間もなく着工します。

この現在進行中の3棟をしっかりとフォローさせて頂きつつ、新たに今年度も現体制では6棟を上限に設定してオズハウスならではのご提案とお役立ちさせて
頂きます。
そしてそれとは別に建築工房OZ.としてリフォーム・リノベーション・商業建築はこれまで通り上限なしで力の限りご対応させて頂きます。

対応エリアは引き続き松山市及び市内近郊(東温市、砥部町、伊予市、松前町)とさせて頂きます。

今年度はイベントなど積極的に計画し、よりお気軽にご相談頂けるように表への露出も増やしてまいりますので、今年度も何卒宜しくお願いします。

S__34029573.jpg
*スタッフの上田親分に率いらている感じになってます(笑)

和室は必要か?

こんにちは。城口です。

先日思い込みについて書きましたが、
思い返してみれば思い込みってけっこう日常茶飯事にあるもので、
家づくりの時の和室をつくるか否か問題もその一つではないでしょうか??
和室はあった方がいい!という思い込みから、悩みが生じてくるのかもしれませんよね。

なんであった方がいいのか??

今日はその和室について考えてみます。

「和室が無いと、どうにも格好がつかないなぁ」
「ひと部屋くらい畳の部屋がないと、まずいんじゃない?」

設計段階で必ず話題にあがる「和室問題」ですが、
和室という言葉から思い浮かべるイメージは人それぞれです。

生活習慣までを含めた伝統的様式としての和室が必要なのか。
単に皮膚感覚として畳の肌触りが欲しいのか。
家事スペースとして使うのか?
客間として使うのか?
子どもの遊び場、昼寝スペースとして使うのか?
今はいらないけれど、将来のために・・・?

DSCF2169.JPG

いずれにせよ、
和室をどのように、何の目的で使いたいか??
何をイメージした和室なのか。
まずはこのあたりをはっきりさせておくと、和室に関することが決定しやすくなるでしょう。

和室の使い方が決まれば、和室の設置場所も自ずと決まってきます。
普段からゴロ寝出来る畳が欲しいときには、リビングに併設する形を。
宿泊できる客間や将来の両親との同居を考えている場合には、リビングから離れた静かな場所に設置するのが良いでしょう。

また目的によって、間取りや、畳の素材や色も違ってきます。
例えば、
昼寝や寝室など、癒される場にしたい場合は、少し広めのスペースを設け、リラックス効果やストレス軽減効果があるとされる、藺草を使用した昔ながらの畳を選ぶと良いでしょう。
子どもの遊び場や作業スペースとして使用する場合には、樹脂や和紙のような管理のしやすい素材の畳を使うと汚れやシミにストレスを感じずに和室を楽しめると思います。
ペットを飼っているご家庭では、ペット専用の畳などもあるようです。

現時点で和室はいらないが、将来的に欲しいという人には、フローリングの上に敷ける、簡単に言えばヘリのない正方形の畳「琉球畳」がおススメです。

IMGP0690.JPG

鎌倉~室町時代から造られてきた日本の伝統的な部屋である和室。
最近和室がない家も増えましたが、伝統が廃れるのも悲しく思います。
癒しの香りで素足でも気持ちの良い「畳」、
太陽の光を柔らかく取り入れる「障子」や「襖」に囲まれた、目的に応じた和室を考えてみるのもいいかもしれませんね♪

0039.JPG

そして和室の壁には、わらすさ入りのヘルシーカラーや織物の壁紙もおススメです!
気になる方はこちらから。

《上棟式》

こんにちは 工務担当上田です。
先日S様邸の上棟式が無事に完了しましたのでその時の様子をお伝えします。

B2BF09D0-E3CA-4D85-BA1C-FD9865E7EA3C.jpeg
↑一本目の柱をご主人に立ててもらいます!

B944E383-D32A-4A5F-8F5A-DFC1ADD8CEF8.jpeg
↑続けて大工さんたちがドンドン柱を建てていきます

6B33B2B2-25A2-4073-A2BC-B8290F832F53.jpeg
↑ある程度柱が立ち桁が乗ったら金物を締めていきます

9D9DE8CB-16FF-40BD-AFB6-9FEAED6BFEE6.jpeg
↑お昼過ぎにはあっという間に棟まで出来上がります

20ae695c691099f1996509341892860819988a72.jpeg
↑並行して外壁の耐力パネルを貼ったり屋根野地板を貼ったりして
夕方にはイメージシートまで貼って完成です。

4E016BB6-7C49-451A-83E4-10C4DEAD35A1.jpeg
↑最後に皆で記念撮影をパシャリ☆彡

本当はもっとたくさん写真を載せて説明したいのですが、すんごく長い記事になってしまうので
ざっくりとした流れだけ説明させていただきました。

天気も不安定なタイミングでしたがこの日は快晴でした、お客様や棟梁の日頃の行いに感謝ですね。
S様この度は新築おめでとうございます!
必ずステキなマイホームにいたします(`・ω・´)

以上! 工務担当 上田でした!

家づくりへの思い込みは捨てませんか?

こんにちは。城口です。
日に日に日差しが強くなり、
車の中も高温になってきていますので、
皆様水分補給、車内で一人の時はマスクを外す等、
その日に応じて体調コントロールをしていきましょうね!

さて今回は、、、
家づくりの際の思い込みについて少し。

家づくりをしている中で、間取りを決め、予算を決め、土地を決めてなど
決めないといけないことがたくさんあります。

●いつ建てるのがベストなのか?
●どんな家がいいのか?
●予算はどれくらいなのか?
●どこの場所で建てるのか?
●どこの会社に頼むのか?

ネットやSNSからの莫大な情報、本、知人友人からのアドバイス、
住宅会社の営業マンからの提案などを通して情報を得て決めていきますが、、、

情報が溢れ過ぎていて何が間違っていて何が正しいのかを
判断することが難しく、思い込みで決めてしまうこともしばしばあるかと思います。

最近、ニュースや本などに出ている言葉で
アンコンシャス・バイアスというものがあります。
これは無意識の思い込みという意味の言葉です。

自分自身の過去の経験や知識、価値観などから、
本人が気付かないうちに、物の見方が偏ってしまい、
それが原因で、判断を誤って失敗をしてしまうことがあるかもしれません。

question-mark-g7dd42906e_640.jpg

例えば、

家づくりで、まず住む場所を決めないといけないと思い込んでしまい土地を探す。
そこから、間取りを決めて、どんな仕様にするのかを決めていきますが、

住宅ローンが通らなかったり、総額予算が合わなかったり・・・

家づくりの順番を思い込みで土地からということで考えた結果、
建物そのものの予算と向き合っていなかった為、結局振り出しに戻ってしまうということがあるかもしれません。

もちろん土地探しから行うのが悪いと言っているのではありません。
土地が無いエリア、地価が高いところを検討する場合や住む場所を第一優先に考えた場合は、土地から探した方が効率的に進められると思います。

思い込みは悪い結果を産むだけのものでもありません。

一度家を建てたことがあって、
過去の経験からその思い込みによって
正しい判断を行えることもあるかもしれません。

大事なことは、
どこかに思い込みがないかを考えてみることで
自分自身とまた家族としっかり向き合って、
判断することだと思います。

オズハウスでは、
2022年5月21日(土)~5月29日(日)10:00~17:00
『構造見学会 ~家の中身を視る~』
を開催中です。

構造見学会についての詳細はこちらから

家の丈夫さは『構造』によって左右され、
『構造』は間取りや暮らし、住みごこちに大きく影響します。

ご希望のご予算や条件、暮らし方、好みなどによって、
木造なのか?RC造なのか?・・・
適した構造は異なってきます。
思い込みを捨てて、実際に視て、それぞれの特徴をしっかり理解した上で家づくりを進めて行くと、判断を誤ることが少ないのかなと思います。

今回見学できるお家は、
『愛媛県産材』を使用した『長期優良住宅』、『耐震等級3』
のスタイリッシュな3LDKの木造二階建て住宅です。
Urban.jpg

同じようなお家をお考えの方!
家づくりの基盤である『構造』へ目を向け、仕組みを理解し、実際に空間を体感して頂き、
具体的に『どのようなお家で、どのように暮らしたいか』をイメージすることで、
家づくりへの思い込みや不安が減るかもしれません。
分からないことがあればその場で担当者に聞くこともできますので、
家づくりに関するお悩み解決の場になるかもしれませんよ!?

思い込まず、縛られることもなく、実際に見聞きし、
自由な発想で、楽しく家づくりを行っていきましょう♪♪

洗濯機をどこに置く?

こんにちは。
今日は晴れていますが、梅雨がどんどん近づいていますね。
昨年の今頃はもう梅雨に入っていたそうです。

雨が続く前に、部屋のあらゆるところの布を洗濯しまくっている城口です。

さて、今回は、
「洗濯機の設置場所」について考えてみます。
洗濯機は給水・排水のこともあり、重たい家電でもあるため、
気軽に動かせない家電の1つ。
過ごしやすい家にするためには設置場所をしっかり考えたいですね。

洗濯は毎日、最低でも一回は必ず行う家事動作ですので、
洗濯をするまでと、した後の動作を考えると、
家事動線がスムーズな間取りに一歩近づくのではないでしょうか?

まず、洗濯をする前をイメージしてみます。
・脱いだ服をそのまま洗濯機に入れる
・洗面台やお風呂、キッチンで使ったタオルを入れる
・洗濯機の前にカゴに入りきらない洗濯物があふれている
・キッチンでの作業の合間に洗濯のスイッチを入れる

などなど、、、

上記の動作で考えると、キッチンのそばのリビングからは見えない場所の
お風呂とつながる洗面室兼脱衣室に洗濯機を置くのがよさそうに思いますね。

sennmenn.png

では、洗濯後の動作をイメージしてみます。
・大量の洗濯物を干す
・足りないハンガーを各部屋に取りに行く
・乾きにくいものは乾燥機へ入れる
・湿気がこもらない場所に干す
・乾いた洗濯物を畳む
・畳んだ洗濯物を収納する

などなど、、、

洗濯後の動作もたくさんあります(^^;)
当たり前なんですが、
私たち、毎日よくやってますよね笑!!

こんなたくさんの動作を一ヶ所で出来たら時短ですね~。

という事で、広さが許されるのであれば、
贅沢に風通しの良い洗濯室を
洗面脱衣室の横に作ってしまうのはどうでしょうか。
服の収納棚、洗濯機、洗い場、そして天井から物干し竿をつるしてみましょう。
そうすると洗濯をして、干して、畳んでなおす。
洗濯物のルーティーンが簡単にこなせるのではないのでしょうか。
もっと言うなら、ベランダと洗濯室が繋がっていて、
外と中を行ったり来たりできると雨の日もうれしいですね。

洗面所に、洗濯機を設置することは多いかと思いますが、
間取りと広さを考えて、あえて洗濯機を切り離してみたりしてもいいかもしれません。

senntakushitu.png

プランを作る際に
洗濯機を置く場所を起点に生活導線をイメージすると、
より生活しやすい、ママの助かる間取りになるかもしれませんね♪

愛媛の家に掲載されています!!

こんにちは。城口です。
GW、終わりましたね(^^)
今年のGWは長いお休みを取れた方も多いのではないでしょうか??
このご時世ですが、道後の飛鳥の湯は6時間待ちだった日もあったそうです!!
皆様、お休みを満喫できましたでしょうか?
今日からまた緩やかに始動していきましょう♪

さて2022年4月25日発行されました、
『愛媛の家/2022年夏・秋号/深呼吸したくなる家』。

オズハウス/建築工房OZ.(同)の家が掲載されています。
松山市のM様邸は光と木々の温もりを感じられるお家で、家族のつながりを大切にした間取りと、家事動線が良い間取りが特徴です。緩やかにつながったLDKはお施主様ご夫婦も「どこにいても家族とのつながりを感じます。」と言われていました♡

image0 (2).pngimage1 (1).png

ぜひご一読くださいませ。

23,24日、イベント開催しました!

こんにちは。城口です。

お天気が不安定な中、4月23日(土)、24日(日)の2日間、
パナソニックリビングショウルームをお借りして、
資金計画セミナー『はじめてさんの家づくり計画』
を開催させて頂きました。
image1.jpeg

65338E43-7DB5-4346-ABD5-3EB9A4357B92.jpeg
少し緊張気味の小澤代表↑

代表の自己紹介から始まり、後悔しない家づくりのポイント3つについてのセミナーでした。
どのような家が強度的に強いか?どんな家にすると値段を抑えられるか?金利についてや、頭金をためてから家づくりをスタートするのか?など、地震への不安や、不安定な今の情勢の中で悩ましいことについてのお話もありました。

ご参加くださいました皆様、パナソニックスタッフの皆様、ありがとうございました。
image.png

今回ご参加頂いた方はもちろん、これから新築を考えられる皆様、
一生で一番大きな買い物かもしれないマイホーム購入を考える中で不安なこと、わからない事がたくさん出てくると思います。
随時、事務所にて相談会も開催しておりますので、お気軽にお問合せ下さいませ。

今後、構造見学会や自然素材についてのイベントも開催予定なので、またお知らせさせて頂きます☆